【シュフティ】初心者必見!実際に仕事を始めよう




初心者の方にも簡単に始められるクラウドソーシングサイト「シュフティ」で副業をスタートする。ということで前回は登録から仕事の探し方までを解説していきました。

▼前回までの記事はこちらから

【シュフティ】初心者必見!登録から利用開始までのまとめ

2018.01.22

今回は実践編ということで、仕事の選びから実際に仕事を行うまでの流れを解説していきます。

仕事の依頼タイプを選ぶ

実際に始める前に、シュフティの仕事の種類を解説していきましょう。

シュフティには仕事の依頼のタイプが「タスク型」と「プロジェクト型」の2種類の仕事タイプがあります。それぞれのタイプを簡単にみていきます。

タスク型

簡単なデータ入力やデータ収集など、スキルを要すことのない単純な作業をこなす依頼。
誰でも短時間でできるため、空いている時間を有効に活用したい方におススメです。
しかし単価も非常に低く数円~数百円の報酬になります。
初心者の方はまずはこれから初めてクラウドソーシングに慣れていきましょう。

プロジェクト型

クライアントと個別に契約を行い成果を得るのがプロジェクト型の案件です。
記事の作成からHP作成やアプリ開発など、ある程度のスキルを要するため報酬単価はタスク型に比べて高額になります。
プロジェクト型とあるように納期のリミットもありますが、最初から最後まで一貫してひとつの仕事を仕上げたい方におススメです。クライアントとの信頼関係が構築できれば、継続的な依頼や報酬単価のアップも見込むことができます。

短時間に効率よく行う「タスク型」かそれともある程度の時間をかけてじっくりこなす「プロジェクト型」か作業効率と連動して報酬単価も変わっていきますので、まずは仕事の種類を理解して自分にはどちらのタイプが合っているか見極めていきましょう。

初心者の方はまずはタスク型でコツをつかみつつ、慣れてきたら報酬の高いプロジェクト型に作業を切り替えていくことがおすすめ。副業として月に3~5万をシュフティで稼ぐのであれば圧倒的に報酬単価の高いプロジェクト型が有利です。

仕事のカテゴリを選ぶ

タスク型かプロジェクト型、何となくイメージをした後は実際の仕事のカテゴリから仕事を選んでいきましょう。ここではシュフティではどのようなカテゴリがあって、どんな種類の仕事があるのか解説をしていきます。

事務作業

事務作業にはスキルを要しない単純作業から口コミ・レビューを投稿するものまで様々なタイプがあります。

【事務作業の仕事】

  • データ入力・収集
  • データチェック・分類
  • テープ・文字起こし
  • 口コミ・レビュー
  • アンケート・モニター
  • アプリテスト
  • 画像チェック
  • Webサイトチェック
  • 商品登録・撮影
  • その他事務作業

シュフティではライティングの仕事に次ぐ依頼件数の多さで初心者の方でも簡単に始められる仕事も多数用意があります。事務作業と一言で言っても仕事の種類は豊富なのでまずはこのカテゴリから初心者の方はチェックしていきましょう。

ライティング

シュフティの中で一番仕事の依頼件数が多いのがこちらのカテゴリです。常時案件数は1500件以上あり、すぐに完結するものもあれば長期で仕事を行うものもあります。

【ライティングの仕事】

  • キャッチコピー・ネーミング
  • ブログ・体験談
  • レポート・説明文
  • リライト・説明文作成
  • その他ライティング

仕事をこなしながらクライアントとの長期の関係性を作ることができるのもこのライティングの仕事が中心なので、日頃から文章を書くのが得意な人は報酬単価も事務作業よりも高いこちらのカテゴリをおススメします。

翻訳

語学が得意な人は、翻訳の仕事が自分のスキルをそのまま活かせます。仕事の件数自体は多くはないですが、翻訳の仕事から通訳まで報酬単価も比較的高い案件が揃っています。

【翻訳の仕事】

  • 英語翻訳
  • 韓国語翻訳
  • 中国語翻訳
  • フランス語翻訳
  • スペイン語翻訳
  • その他翻訳

韓国ドラマの翻訳や海外の店舗への電話での問い合わせなど語学を使った仕事は多岐に渡ります。使える方も少ない分野なので語学に自信のある方はチェックしてみてください。

デザイン・マルチメディア

ロゴやバナー作成などPCを活用したデザインスキルを持っている方はこちらのカテゴリのチェックをおススメ。ただしシュフティでは専門的な仕事の依頼として多くはなく、写真加工などの事務作業の仕事とリンクする案件が多い印象です。

【デザイン・マルチメディアの仕事】

  • 写真・画像加工
  • ロゴ・バナー作成
  • イラスト作成
  • 名刺・チラシ・ポスター
  • グラフィックデザイン
  • 3D・CAD
  • 映像・動画作成
  • カメラ・写真撮影
  • その他デザイン・マルチメディア

WEB・開発

こちらは更に専門的なスキルを要するWEBページ作成依頼などのカテゴリです。ただ案件数は非常に少ないため、シュフティではあまりおすすめできません。専門的なスキルのある方はクラウドワークスやランサーズに登録される方が多いので、クライアントもそちらでの案件募集をされることが多いです。

【WEB・開発の仕事】

  • webデザイン・コーディング
  • webシステム開発
  • VBA・マクロ
  • アプリ開発
  • 保守・運用
  • その他WEB・開発

ビジネスサポート・その他

このカテゴリではバラエティに富んだ案件が多数募集されています。テレアポの仕事から、婚活サイトのモニター登録などこちらも案件数は少ないですが、何か変わった仕事がしたいという方は必ずチェックしてください。

【ビジネスサポート・その他の仕事】

  • 調査分析・リサーチ
  • 資料作成
  • 営業・テレマーケティング
  • 広告・宣伝・PR
  • SNS運用
  • カスタマーサポート
  • その他ビジネスサポート・その他

シュフティ外出

最後にご紹介するのがシュフティならではの「シュフティ外出」のカテゴリです。この仕事は在宅ではなく、実際に外に出て活動をして報酬をもらう案件になります。買い物代行や覆面調査など経験したことのない分野も多数ありますので、外に出る時間のある方はご検討下さい。

【シュフティ外出の仕事】

  • 空き家情報収集
  • 配達
  • 覆面調査
  • 座談会・インタビュー
  • その他シュフティ外出

 

このように様々な仕事のカテゴリを紹介してきましたがシュフティで圧倒的に依頼の案件が多いのは「ライティング」「事務作業」のカテゴリです。単純作業から、頭を使って行う物まで幅広く仕事のジャンルはありますので自分の作業レベルをイメージしながら仕事を探していきましょう。

タスク型の仕事の進め方

ここまでは仕事の種類やカテゴリを見てきましたがここからは実際の仕事の進め方を紹介していきます。タスク型はその場で仕事を選び、すぐに案件を受注し仕事を始められるやり方です。ここでは仕事の選び方から、案件の進め方までを解説していきましょう。

仕事を選ぶ

まずはHPへアクセスします。

トップページから「仕事を探す」の項目をクリックします。

仕事一覧のページに移動したら、ページ下部までスクロールを行い仕事カテゴリで興味のある分野を選択します。
今回はライティングのカテゴリを選択してクリック。絞り込まれた案件一覧のページに移ります。

案件の中から「タスク」と書かれている仕事を選び、案件のタイトルをクリックします。

仕事内容を受注する

実際の仕事内容の詳細ページに移行します。

仕事の詳細ページに移行したら、
①仕事の詳細ステータスを確認する。納期や報酬など詳細を確認しましょう。
②仕事内容の詳細を確認する。仕事の詳細を読み込み、本当に受けられる案件か再度の内容の確認をしてください。
③作業開始をクリックする。このボタンを押すといよいよ実際にお仕事がスタートです。

仕事の入力ページに移動します。
①仕事内容の確認をする。もう一度案件内容をよく読みこみましょう。
②納品フォームへ回答内容を入力。納品フォームへ仕事(アンケートなどの回答)を記載します。
③確認画面へ進む。全て完了したらこちらのボタンをクリック、最終の確認画面へ進みます。

※このページに移行してから60分以内に作業を完了してください。
時間を過ぎると作業の内容が無効になりますのでご注意を。

いよいよここまできたらあと一歩、最終の確認です。
①内容の確認。自分が記載した内容を最後にもう一度確認。
②納品を行う。問題がなければ納品ボタンをクリック。

「お疲れさまです。納品が完了しました!」この画面が出れば納品は完了です。

仕事の結果を待つ

納品が完了したらクライアントの結果を確認しましょう。
トップページの「仕事の管理をクリックします。」

管理ページに移行したら、
①「進行中のお仕事」をクリックし
②タスク型で受注を行った業務内容を確認
③「作業結果を見る」をクリックして先に進みます。

仕事の詳細ページに移行しますので、納品一覧の「承認/非承認」の項目が「承認」になっていれば無事に納品は完了になります。未承認の場合はクライアントが検収前の段階になりますので随時進捗状況は確認していきましょう。

以上でタスク型案件の仕事の進め方の解説は終了です。

プロジェクト型の仕事の進め方

次にプロジェクト型案件の仕事の進め方を見ていきましょう。プロジェクト型は仕事受注の前にクライアントへの見積もり提出が条件になります。見積もりが承認されて初めてクライアントからの仕事受注の流れになりますので今回は見積もりの提出の仕方から仕事の進め方までを解説していきます。

仕事を選ぶ

まずはHPへアクセスします。

トップページからタスク型と同様に仕事を探すをクリックします。

仕事のカテゴリから今回は「事務作業」のデータ入力・作業から仕事を探します。仕事の一覧から「プロジェクト型」と書かれているものを選択、気になる案件があればタイトルをクリックして次に進みます。

見積もりを提出する

仕事の詳細ページまで移動したら、
①仕事の詳細ステータスを確認する。納期や報酬など詳細を確認しましょう。
②仕事内容の詳細を確認する。仕事の詳細を読み込み、本当に受けられる案件か再度の内容の確認をしてください。
をタスク型と同様に確認しましょう。

次に見積もりを提出します。プロジェクト型の案件では見積もりを提出し、クライアントに自らをアピールすることで仕事を受注します。ここでは項目や書き方まで解説をしていきます。

③見積もり金額を記入する。
1単位あたりの見積もりを記入します。その際は①の仕事詳細情報に記載のある報酬の項目の「単価」に記載のある金額を参考にしましょう。この場合は2円が1単位あたりの単価になります。仕事内容の詳細に見積もり単価が記載されている場合もありますので、よく内容を確認して記入してください。

④メッセージを記入する。
仕事に対する意気込みやスキルをクライアントに向けて伝える項目です。この項目はクライアントにとっての仕事を依頼するかの重要な判断の材料になりますので、一般的なマナーや常識を守りながら丁寧に記載しましょう。
※参考に下記にメッセージの記入例を記載します。私自身もそうですが特にスキルなどはなくても、人柄や熱意がしっかりと伝わるメッセージを記入しましょう。

メッセージ記入例
ご担当者様

お世話になっております。今回見積もりを提出させて頂きました豆太と申します。
シュフティ歴はまだ間もないですが、最後まで責任を持って仕事を行います。
一般的なエクセルやワードの使用は可能で、平日は21時~24時までは作業が可能です。
ご検討よろしくお願い致します。

⑤ファイルの添付。ここはクライアントから特に指定がなければ添付する必要はありません。
⑥全ての記入が終了したら「確認する」のボタンをクリックして最終確認のページに移行します。

ここでは最終の見積もり提出の内容を確認します。
①見積もり金額、メッセージの内容を確認する。間違いがないか最終の確認を行います。
②規約の内容を確認を行い2か所チェックを入れます。
③全て完了したら「見積もりを提出する」のボタンをクリックして提出を行います。


この画面まで来れば見積もりの提出は終了です。あとはクライアントからの連絡を待ちましょう。
※見積もりを提出してからクライアントからの仕事受注までは平均して5~10日ほどかかります。

仕事内容を受注する

見積もりの提出が済んだら、クライアントからの仕事の受注可否の確認を行い、受注が出来れば実際に仕事を進めていきます。トップページの「仕事管理」の項目をクリックします。

仕事の個別管理画面に移行しますので、
①仕事の選考状況を確認する。
「選考中のお仕事」に見積もり提出をした案件が入っている場合はまだクライアントから連絡はありませんが、「進行中のお仕事」の項目に仕事が入っていたらクライアントから正式に仕事を受注されたことになります。
②内容を確認して「仕事を進める」をクリック。仕事ページに進む。

次は実際の仕事受注のページです。
①見積もり、納品数を確認する。
提出した見積もりと内容が合っているか最終の条件の確認です。単価や納品数などの変更がある場合は「変更依頼を行う」を選択して変更の依頼を出しましょう。

②クライアントからのメッセージを確認する。
クライアントからの仕事内容の詳細や具体的な指示が書かれています。こちらを確認して業務を進めましょう。

③作業途中の不明点ややり取りなどは個別のメッセージを送りましょう。
クライアントへの個別のメッセージを送信することができます。ファイルも添付できますので作業内容の確認など受注する業務に応じて利用しましょう。

④全て完了したら納品を行う。
今回はファイル提出の案件でしたので実際に、完了したらファイルを添付ます。この際に添付ファイルに誤りがないか再度の確認を行いましょう。確認が出来たら「納品・請求をする」をクリックして確認画面に進みます。

確認画面まで進めたらあと少しです。
①納品数の最終の確認を行う。繰り返しになりますが最終のチェックを行います。
②次回の仕事の依頼を受けるか選択する。
③「納品・請求をする」をクリックする。

結果を待って評価を行う

納品が完了したらクライアントの検収を待ちます。納品より2週間以内にクライアントが検収を行い、結果が反映されます。履歴は全て仕事詳細ページの「取引履歴」から確認が可能です。
※検収の結果、クライアントからの再提出の場合もありますので進捗は随時チェックを行いましょう。

「取引履歴」から検収が完了していれば承認日、納品物、報酬額の一覧が記載されます。今回は無事に検収が終了してクライアントへの納品は無事に完了しました。

最後にクライアントへの評価を記入します。この評価が終了したらクライアントとの連絡は行えなくなりますので注意をしましょう。(評価は評価期限までに必ず行いましょう。評価を行わないと自動的に評価が1段階低くなってしまいます。)

①評価点数を1~5点で評価する。
②評価コメントを記入する。最後のメッセージになりますので簡単でもいいので必ず記載しましょう。
③「上記の内容で評価する」をクリック。

以上で、プロジェクト型の業務は全て終了です。お疲れさまでした。

まとめ

シュフティの仕事は初心者でも手を出しやすい内容の案件が多数あります。その中でも、やはり確実に稼ぐことができるのはプロジェクト型になりますので、タスク型である程度の慣れが出来たらプロジェクト型の案件をどんどん進めていきましょう。クライアントとのやり取りなど時間を要する場合がありますので、自分の作業レベルと相談しながら複数の業務を同時にこなすことが効率よく稼ぐポイントになります。

また個別のメッセージのやり取りもクライアントとの関係性を構築するための需要なツールになりますので親切・丁寧な対応を心掛けていくと継続した仕事の受注にも繋がっていくでしょう。まずは自分のレベルと時間と相談しながらコツコツと焦らずに仕事を進めていきましょう。

Knowing is Seeing






コメントを残す