【副業準備】ネット銀行のおすすめ口座は?




突然ですが、皆さんは銀行口座をいくつお持ちですか?

通常出し入れする口座や貯金用の口座など用途は様々ですが、2つ以上の口座をお持ちの方が多いと思います。

本日はこれから副業を始める方に向けて「副業用」のネット口座について説明していきます。始めてネット銀行の口座を開設される方に向けて、各銀行のメリットやデメリットを一つずつ解説していきます。

なぜ「副業用」の口座が必要か?

副業を行う方で、普段生活用で使用している口座と副業用の口座を分けることは基本中の基本です。理由はこれから副業の収入をしっかりと管理するため。

日々の生活のお金の出し入れとは別に、副業での収入がいくらあったのかを把握するためには別の口座を分ける必要があります。また、昼間働かれている皆さまには給料とは別に年間20万円以上の副業収入があった場合、確定申告が必要になります。その際に副業収入の明細が一元管理されていた方が手続きは非常に楽になるため副業を行っている方のほとんどは専用口座を用意しているのが現状です。

今後、皆さまが副業でしっかり稼ぐことを前提とした話になりますので、確定申告などきちんと自分の収入の管理や申告を行う上で副業用の口座を開設していない方は是非開設を行いましょう。

ネット銀行がおすすめの理由

副業用の口座でおすすめは断然ネット銀行です。最近では大手銀行もネットバンキングサービスを始めて一般的なものになりました。ここでは何故ネット銀行が便利か説明を行っていきます。

365日24時間いつでも取引が可能

ネット環境があれば振込から出金指示までいつでもどこでも手続きが可能です。窓口に行かなくとも、すぐに確認や取引ができることはネット銀行の大きな利点です。

副業用の多くのサイトがネット銀行を推奨している

報酬の振込手数料が安くなるなど多くの副業関連のサイトが、ネット銀行の利用を推奨しています。地方銀行など報酬の振込先として指定がない場合もありますので、一つネット銀行を開設しておくと管理が非常に楽になります。

振込や出金手数料が安い、全国のコンビニATMで使える

大手銀行と比べるとネット銀行は振込や出金手数料が無料もしくは割安になっています。また全国のコンビニATMでの取引が可能ですので、取引を行いたい場合はすぐに立ち寄って利用することが可能です。

預金金利が高い

実店舗がないネット銀行は運営コストが割安のため、大手銀行と比べると預金金利が非常に高くなっています。副業で貯めた資産管理も含めて長期で預入を行い預金金利が高くつくこともネット銀行のメリットの1つです。

ネット銀行を比較

ネット銀行のメリットは説明を行いましたが次に、各ネットバンクの特徴を説明していきます。それぞれ長所短所ありますのでご自身の用途と比較しながら、どれか1つは開設して副業の準備を行っていきましょう。

楽天銀行

概要

楽天銀行は楽天市場を運営する楽天のグループ企業です。前身はイーバンク銀行で2008年に楽天銀行へ名称変更し口座数は580万以上の日本最大級のネット銀行です。

メリットは?

  • 普通預金の金利が高い

楽天証券の口座連動サービスである「マネーブリッジ」を使えば普通預金の金利が年利で0.10%になります。これは大手メガバンクの水準と比べると約100倍の差があります。

  • コンビニATMの手数料が月に最大7回まで無料になる

「楽天銀行ハッピープログラム」に加入すれば預金金額に応じて最大で月に7回までコンビニATMの手数料が無料で使うことができます。また他行宛の振込手数料も月に最大3回まで無料に。

  • 楽天スーパーポイントが貯まる

豆太も利用する楽天市場で使える楽天ポイントが銀行取引やキャンペーン参加で貯めることが可能。また預金金額に応じて、ポイント付与率も最大で3倍になるため楽天ユーザーにとっては連動性がありメリットになります。

デメリットは?

  • 預けている金額によって手数料がかかる

預金金額が10万円未満の場合は、ATMの利用手数料が取られる(最大で270円)のがデメリットの一つです。手数料も都度都度の金額になるとばかになりませんので、まずは口座開設時にとりあえず10万円以上を入金してスーパープログラムのステージを上げるか工夫をしていきましょう。

  • 定期預金の金利は低め

普通預金の金利は業界最高水準ですが、定期預金の金利は0.02%と他ネット銀行の中では低い水準です。(それでも大手メガバンクよりは高い金利ですが)普通預金でも十分な金利がつくので、わざわざ楽天銀行で定期を選ぶメリットは少ないという見解です。

どういう人がおすすめ?

楽天銀行の特徴は何といっても、業界最高水準の普通金利の高さです。楽天証券との連携など条件付きにはなりますが、株やFXを利用する方には相互に口座開設が可能になりますのでおすすめのネット銀行になります。また楽天ポイントを貯めている方も、様々な形でポイントがつきますので併せて楽天銀行の利用を進めたいです。
※管理人豆太は株やFXもやりながら楽天でも買物をしますので楽天銀行を選択しています。

▼口座開設はこちらから

ジャパンネット銀行

概要

日本初のネット銀行として2000年に設立。三井住友銀行やヤフーなどの大手企業の支援を受けながらオークションやショッピングなどのネット決済をメインとしたサービスを展開。楽天銀行と並ぶ日本を代表するネット銀行です。

メリットは?

  • ヤフーでの決済サービスに特化

「ヤフオク!」の落札代金支払いに便利な「Yahoo!かんたん決済」の手数料が無料になるなどヤフーでの決済サービスに特化しています。その他にも還元率は85%と低いですがTポイントを現金化できるのもジャパンネット銀行だけです。

  • セキュリティ面が強い

ジャパンネット銀行はユーザーに対して「トークン」と呼ばれるハードを無償で提供しています。トークンは1分置きにワンタイムパスワードが変更されるため、仮に不正アクセスなどでパスワードを盗まれたとしても次回以降はそのパスワードを利用することができないため、セキュリティ面では非常に優れた機能です。このトークンを無償で提供しているネット銀行は現状はジャパンネット銀行のみです。

  • コンビニATMの利用手数料が月1回まで無料

セブンイレブン、ローソン、ファミリマートなどのコンビニATMの利用手数料が月に1回までは無料で利用できます。(入金・出金それぞれ1回)2回目以降も3万円以上の利用だと手数料は継続して無料になります。
※3万円未満は150円の手数料がかかる。

デメリットは?

  • 振込手数料がかかる

同行宛でも50円、他行宛だと160円~250円がかかります。同行宛など振込手数料が無料のところが多いなかでこの点はマイナスポイントになります。

  • 定期預金、普通預金ともに金利はそれほど高くない

他のネット銀行に比べると、普通預金の金利は0.015%、定期預金に関しては0.02%と高くはありません。金利面で選ぶならその他の銀行を選ぶことをおすすめします。

どういう人がおすすめ?

ジャパンネット銀行はとにかくトークンを利用したセキュリティ面がとにかく充実しています。初めてネット銀行を利用するけれども、セキュリティがやや不安…という方には安心して利用できるネット銀行の一つです。またヤフーオークションを利用される方には手数料無料のメリットがあるので、副業以外に用途が決まっている人にはおすすめのネット銀行でしょう。

▼口座開設はこちらから

イオン銀行

概要

イオン銀行は2007年にイオングループが「商業と金融が融合した小売業の銀行」を目指して誕生しました。イオングループの商業施設で使用できるなどユーザーにとっては身近な存在で、口座数は約500万口座、預金残高は2兆1,500億円と後発ながら急成長を遂げているネット銀行です。

メリットは?

  • 普通預金金利が高い

イオン銀行の口座のみ保有の場合は金利は0.02%ですが、「イオンカードセレクト」を保有していると、普通預金の金利が0.10%と楽天銀行と並んで業界最高水準の金利にアップします。イオンカードセレクトは年会費無料のキャッシュカード機能のついたクレジットカードで、電子マネーのWAONもついてくるイオンユーザーにとっては非常に魅力的なカード。イオン銀行の口座開設と申し込みは同時に出来るので、同時に申し込むことでメガバンクの約100倍の0.10%の金利を得ることができます。

  • イオン銀行のATMなら手数料がいつでも無料

系列のイオン銀行ATMを利用すれば、手数料はいつでも無料になるのがメリットの一つ。手数料無料でも月内での使用制限がある銀行も多い中で、ずっと無料で使えるのは大きなポイントです。イオン銀行のATMはミニストップなどの系列コンビニや商業施設など全国に5,000台以上置かれていますので利便性は十分です。
※その他ATMでは手数料が取られますが、使用は可能。

  • WAONポイントが取引に応じて貯まる

楽天銀行と同様に銀行取引やキャンペーン参加でWAONポイントを貯めることができます。WAONポイントはWAON(電子マネー)に交換できるので、利便性が極めて高いのが特徴です。ランクに応じて付与されるポイントが変わりますので通常の買い物をイオンでされる方にはおすすめです。

デメリットは?

  • 他行への振込手数料がかかる

イオン銀行同士での振込手数料は無料ですが、他行宛だと振込手数料が216円かかります。その他のネット銀行だと振込手数料が一定回数無料の銀行もあるのでその点はデメリットの一つです。

  • セブン銀行のATMでは利用ができない

イオン銀行ではライバル企業であるセブンイレブンが運営を行うセブン銀行での取引は出来ません。近くにセブンイレブンしかないという人は注意が必要です。

どういう人がおすすめ?

イオングループが運営している通り関連施設での利便性が高いのがイオン銀行の大きな特徴です。生活圏内にイオンがあり、日常的に利用されている方にはメリットは多数あるのでおすすめの銀行です。

▼口座開設はこちらから

住信SBIネット銀行

概要

2007年に三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資し誕生したのが住信SBIネット銀行です。他行と比べてもそれぞれのサービスの内容が充実しており万能型のネット銀行として、保有口座数は280万口座、預金残高は4兆円以上と創業以来着実な成長を遂げています。

メリットは?

  • ランクに応じてATM利用手数料が無料に

スマートプログラムのランクに応じて、各種手数料が最大で月に最大で15回まで無料になります。ランクが一番低い場合でもATM利用は月に2回まで無料で利用できます。

  • 他行への振込手数料が安い

振込手数料も上記のスマートプログラムのランクに応じて月に最大15回まで無料。同じくランクが一番低い場合でも月に1回までは無料で利用は可能。特筆すべきは無料回数が過ぎても他行と比べても格安の手数料で利用が出来る点です。振込手数料は154円と業界最安値はメリットの一つです。

  • 定額自動入金サービスと目的別口座が設定できる

住信SBIネット銀行では同一名義の他銀行から毎月一定の金額を自動入金するサービスがあります。本口座から給与の一部を貯金としてネット口座に送金したい時など自動的に送金操作をしてくれるので非常に便利なサービス。また口座内に用途に合わせた口座を別途で設定できるサービスもあり、「子供の貯金」「自分の貯金」など費用名目を分けてお金を管理することができます。定額自動入金サービスを組み合わせることで目的にあった口座に自動貯金ができる仕組みは他行にはないメリットです。

デメリットは?

  • 金利はそこまで高くない

以前までの住信SBIネット銀行の特徴は「SBI証券」の証券口座と連動する「ハイブリッド預金」での高金利の待遇でしたが、現在はそれを組み合わせても普通預金の金利は0.01%とそれほど高いものではありません。ネット証券と連動させての高金利を狙うのであれば現状では金利0.1%の楽天銀行に軍配が上がります。

どういう人がおすすめ?

デメリットが少ない点でも万能型ともいえるのが住信SBIネット銀行です。手数料無料など基本的な所は押さえておきながら、自動入金サービスなど貯金などの用途・目的にも合わせたサービスもあります。金利も高くはありませんが、低くもありませんので、大きなこだわりもなくまずは1つネット銀行の口座を作ろうと思っている人にはおすすめの銀行です。

▼口座開設はこちらから

※普通預金の金利は「SBI証券」と連携させた「ハイブリット預金」と組み合わせることで0.001%から0.01%に上がります。株式投資など行わない人でも口座を立ち上げる際は「SBI証券」の口座も同時に開設しましょう。

▼SBI証券の開設はこちらから

ソニー銀行

概要

ソニー銀行はソニーのグループ会社であるソニーフィナンシャルホールディングスが2001年に開業したネット銀行です。「MONEYKit」というサービス名で営業を行っており、取り扱う金融商品の数も多く、個人の資産運用に特化したサービスが特徴。ネット銀行の満足度調査でも常に高い支持を集め、法人よりも個人ユーザーの利便性を一番に考えたネット銀行として注目されています。

メリットは?

  • セブン銀行とイオン銀行のATM手数料が無料

ソニー銀行はセブン銀行とイオン銀行のATM利用手数料がいつでも無料で使用できます。また提携のATMでの入金手数料はいつでも無料、出金の手数料も月4回まで無料と他のネットバンクと比較すると利便性は非常に高いです。

  • デビット機能付きのSony Bank WALLETが便利

ソニー銀行のキャッシュカードであるデビットカードの機能が非常に優れています。カード利用金額の0.5%~2.0%のキャッシュバックがあったり、外貨預金口座から直接払いが出来るので為替手数料がほとんどかからなかったりとメリットは多数。特に外貨預金の直接払いは大きな特徴ですので、海外によく行かれる方には非常に便利なカードです。

  • 資産管理のサービスが豊富

ソニー銀行は多岐に渡るサービス内容が強みの一つです。クレジットカードや他銀行の利用など全てのお金の動きを一括で管理できる「人生通帳」や他行から手数料無料で自動で入金を行える「おまかせ入金サービス」、月1000円から積み立てを始められる「積み立て定期預金」など様々な資産運用を一括で管理することができるのがソニー銀行の特徴です。

デメリットは?

  • 普通預金の金利はメガバンク並に低い

ソニー銀行の普通預金の金利は0.001%と大手メガバンクと同様の水準です。イオン銀行や楽天銀行と比べると金利の差は100倍違いますので、金利が高くない点はマイナスポイントです。

  • 定期預金の金利も高くはない

1年ものの定期預金の金利こそ0.15%と他のネット銀行に比べると高い水準であるものの、2年や3年定期になると0.02%と突出した金利ではありません。総合的に金利面では他のネット銀行と比べるとやや劣ります。

どういう人がおすすめ?

金利はそこまで高くありませんが、ATMの手数料無料や提供されているサービスが豊富な点を踏まえると総合的な評価は高いです。また海外によく行かれる方は外貨預金直接払いができるデビットカードはメリット多数ですのでソニー銀行の利用をおすすめします。

▼口座開設はこちらから

じぶん銀行

概要

じぶん銀行は2008年に大手携帯電話会社KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資により設立されたネット銀行です。「すべてのサービスを、手のひらで。」をコンセプトとして全ての操作をスマホなどの携帯端末で完結できる点は他のネット銀行とは一線を画すサービスで、後発ながら口座数を年々増やしています。

メリットは?

  • スマホアプリで全てのサービスが利用可能

携帯大手の会社が運営するじぶん銀行は「じぶん銀行スマートフォンアプリ」で口座の開設から利用まで全てのサービスがアプリ上で完結できます。ユーザーの8割がスマホアプリからの利用という使いやすさもあり、パソコンをあまり使わない人にも安心して利用が可能です。

  • セキュリティ対策は万全

携帯端末での利用を目的に作られた銀行なのでセキュリティ対策は万全です。ATMなどのロック機能やスマホでの認証機能など携帯端末を利用する側の視点にたった様々なセキュリティ対策が行われています。また万が一に備えての補償サービスも完備されており、利用するユーザーにとっては安心できるセキュリティになっています。

  • ATMの利用手数料は「じぶんプラス」のランクに応じて無料

じぶん銀行はイオン銀行以外の提携ATMで利用が可能で、「じぶんプラス」という特典が受けられるサービスのランクに応じて無料で利用できる回数が出金手数料が最高で月に11回まで、振込手数料が月に5回まで利用が可能。最低ランクでもATMの出金手数料は月2回までは無料になりますので、預金額や用途に応じて利用していきましょう。

デメリットは?

  • 普通預金の金利は低い

じぶん銀行の普通預金の金利は0.001%とメガバンクと同水準の低さです。定期預金の金利も他行と比べると高いものではなく金利面ではやや劣ります。

  • ゆうちょ銀行のATM利用手数料が高い

ATMの利用手数料は「じぶんプラス」のランクに応じて変動しますが、ゆうちょ銀行だけは例外で入金、出金ともに無料で利用できるのは1回まで、以後は200円の利用手数料を取られます。メイン銀行でゆうちょを利用している方にはデメリットの一つです。

どういう人がおすすめ?

じぶん銀行はスマホなどの携帯端末で利用することを第一に考えて作られた銀行であり、スマホのみで全て完結させたい人には最適な銀行です。住宅ローンの申し込みなど全てのサービスをスマホアプリで完結できますのでスマホで全てを管理したい方は是非申し込み下さい。

▼口座開設はこちらから

 

新生銀行

概要

新生銀行は2000年から他の銀行に先駆けてネットバンキング事業に参入した銀行です。今では当たり前になったATMの24時間365日稼動や手数料の無料化など日本で初めてサービスを提供を行い、業界の中では独自性のあるサービスを常に提案しており、最近ではTポイントやANAマイルとの連携など注目を集める銀行です。

メリットは?

  • 全国の提携ATMの利用手数料が無料

新生銀行の最大の特徴がATMの手数料が無料で利用できる点。手数料無料の銀行は他にもありますが、使用回数や手数料が一部取られる場合がほとんどですので、提携のATMの利用手数料が全て無料なのは新生銀行の大きなメリットです。また振込手数料も月1回は無料で行うことができます。(「新生ステップアッププログラム」のステージによって最大10回まで振込手数料も無料になる。)

  • 利用でTポイントが貯まる

新生銀行はTポイントとも連携しており、利用サービスに応じてTポイントが貯まります。例えばファミリーマートのATMで利用を行えば月で10ポイント貯まったり、ガスや水道などの公共料金の引き落とし設定なども1件毎に100ポイント貯まるなど幅広くTポイントが貯まる仕組みになっています。

  • ANAのマイルも貯まる

新規口座開設で300マイルや外貨預金の利用で最大2000マイル貯まるなどANAマイルとの連携も大きな魅力の一つです。利用をしながらマイルを貯めたい人にはメリットが大きい仕組みになっています。

デメリットは?

  • 普通預金の金利は低い

他のネット銀行の最低水準と同じように新生銀行の普通預金の金利は0.001%と低い水準です。ただし、2週間満期預金など金利が高いサービスもありますので、利用する方はよく金利をチェックして申し込みを行いましょう。

  • 振込手数料の無料超過分は割高

他行宛の振込手数料は最低でも月に1回は無料で利用できますが、それを超えた分は308円かかります。この手数料はかなり高い部類に入りますので利用回数は注意が必要です。また新生銀行の窓口から振込を依頼する際は、617円と更に高い振込手数料が取られます。

どういう人がおすすめ?

新生銀行はATMの利用手数料が無料という点が最大の魅力です。一定回数の上限が設けられている銀行が多い中で、普段からこまめにお金を出し入れする方には魅力的なサービスです。またTポイントやANAマイルなど連携サービスもありますので、ポイントを貯めている方には新生銀行の理由をおすすめします。

▼口座開設はこちらから

まとめ

ここまで各ネット銀行の特徴を簡単に解説していきましたが、それぞれの銀行に良い点悪い点と一長一短があります。各銀行共に差別化のために特色を出そうとしていますので、横並びで比較をしたときに初めて口座を開設する方は「結局何を基準にすればいいのか?」と迷いがでる筈です。

大切なのは皆さまの日々の目的や用途にどれだけ合っているかを基準に考えて選ぶこと。私の場合は株やFXもやるし、楽天市場も利用します。であるならば楽天銀行にしようと思い口座を開設しました。副業用の口座とはいえ、大切な時間を割いて検討するものですのでそれぞれの特色をよく理解し自分の目的にあった口座を開設していきましょう。

Seeing is Knowing






コメントを残す