【クラウドワークス】仕事の進め方




前回までの記事ではクラウドワークスの登録~仕事の説明までご紹介してきましたが、今回は実際に仕事の探し方から進め方までを解説していきます。

進め方は非常に簡単ですので、こちらの解説を参考にしながらまずは仕事の数をこなしてコツを掴んでいきましょう。初心者向けの解説ですので、タスク型とプロジェクト型を中心に詳しくみていきましょう。

▼前回までの記事はこちら

【クラウドワークス】登録から利用開始まで

2018.02.10

【クラウドワークス】全52種類!初心者向けの仕事紹介

2018.02.12

仕事の探し方

それぞれの解説の前にまずは仕事の探し方から説明していきます。クラウドワークスには専門的なスキルを要する「プロ向け」と初心者向けの「経験不問」のカテゴリに大きく2つに分かれます。

またコンペ型やタスク型、急ぎの案件依頼である特急ボーナスといった仕事の依頼形式からも選択することが可能です。

それでは実際に進め方をみていきましょう。まずはトップページにアクセスします。

カテゴリから仕事を探す

ログインを行い、マイページから「仕事を探す」をクリックします。

ページに移行するとそれぞれの仕事のタイプから仕事を選択することができます。

①プロ向け。特定スキルを要するプロ向けの仕事ページです。
②経験不問。副業初心者でもできる経験やスキルが不要の仕事のページです。
③コンペ。報酬は保証されない応募方式の仕事ページです。
④タスク。報酬単価は低いですがすぐに仕事を始められる仕事ページです。
⑤特急ボーナス。納期が迫っているなど急な依頼ですがボーナス料金が加算される仕事ページです。

各仕事の検索ページの説明は以下の通りです。

①全ての仕事の種類から検索。仕事の内容から選択ができます。
②依頼形式から選択。固定報酬制、時間単価制から選択することができます。
③実際の仕事案件の一覧・詳細ページです。

※全ての仕事カテゴリから検索する方法

最後に「プロ向け」「経験不問」など全ての仕事のカテゴリからまとめて仕事を選ぶ方法を紹介します。

仕事の詳細検索のページから「すべての仕事の種類」をクリックします。

このようにここではクラウドワークスで紹介されている全ての仕事カテゴリが一覧で見ることができます。目的が決まっている方はここから直接検索するのもよいでしょう。

オススメの仕事を探す

ここでは登録をした情報や直近の閲覧や仕事の履歴をクラウドワークスが独自にマッチングを行い仕事を紹介してくれる方法を紹介します。

マイページから「オススメの仕事」をクリックします。

ページへ移行すると3つのカテゴリから仕事を検索できます。
①あなたの好み。プロフィールの入力情報や仕事の実績などを基にオススメを表示してくれます。
②最近の好み。直近の応募・閲覧履歴に基づく、オススメの仕事一覧を表示してくれます。
③イチ押し特集。子育て、ゲーム好きなどテーマを絞った仕事を表示してくれます。

以上でクラウドワークスの基本的な仕事の探し方は終了です。次は実際に仕事を行う過程を見ていきます。

タスク型の仕事

ここではタスク型の仕事の進め方を解説していきます。タスク型は報酬単価は低いものの、短時間で仕事を進められることができますので、初めて登録をした方はまずはこのタスク型からスタートされることをおススメします。

仕事を選ぶ

まずはマイページの「仕事を探す」から仕事検索に移動し、「タスク」の項目を選択します。

「タスク」の仕事一覧に移動したら、興味のある案件のタイトルをクリックします。

仕事に応募する

仕事の詳細ページです。
①仕事の概要を確認する。納期や報酬単価などを確認しましょう。
②仕事の詳細を確認する。仕事の詳しい内容です。クライアントからの補足もありますので必ず確認しましょう。
③全て確認して仕事に進める場合は「作業を開始する」をクリックして進みます。

実際に作業を行うページに移動します。
①仕事内容の最終確認。
②仕事内容の入力ページ。(サンプルではアンケートに答え認証コードを記入)
③全て完了したら「作業を完了する」をクリックします。
※タスク型は作業ページに移行してから60分以内に作業を完了してください。

作業が完了すると承認待ちのページへ移行します。クライアントからの納品した商品の承認結果を待ってからの成果反映になります。

成果を確認する

成果が反映されるとトップページのお知らせアイコンに表示されます。

クリックするとお知らせ一覧が表示されますので、該当のタスク名をクリックします。

報酬のページに移動しますので、該当のタスクと報酬額を確認します。問題なく報酬が支払われていれば承認されましたので作業は全て完了です。

以上でタスク型の仕事は終了です。難しい作業は特になく、時間もかけずにすぐに取り掛かれる内容ばかりですので空き時間など有効に活用しながら進めていきましょう。

プロジェクト型の仕事

続いてプロジェクト型の仕事を進めていきます。クラウドワークスではプロジェクト型の案件が仕事の大半を占めます。タスク型に比べても報酬の単価は高いので、ある程度仕事の進め方がわかってきたら積極的にこちらで仕事を進めていきましょう。

仕事を探す

タスク型と同様にマイページの「仕事を探す」から仕事検索に移動し、「経験不問」の項目を選択します。

案件数が多いの、自分の興味のあるカテゴリから項目を選んで仕事を絞り込みます。

気になる仕事があれば案件名をクリックして仕事の詳細ページに移動します。

仕事に応募する

詳細ページに移ったら、
①仕事の概要。納期や報酬額、報酬の支払い方式など確認します。
②仕事の詳細。クライアントから具体的な仕事内容の指示や募集要項など詳細情報を確認します。
③全て確認を行い問題がなければ「応募する」をクリックします。

実際の応募ページに移動したら以下の項目を確認していきます。

①依頼タイトルの確認する。

応募する仕事に間違いがないかもう一度確認します。

②契約金額の提示する。

クライアントからの指定がある場合は「計約金額を指定」にチェックを行います。仕事の詳細ページで相談と記載がある場合は応募してからクライアントとの相談になります。

③支払い方式を選ぶ。

時間単価制か固定報酬かを選択します。こちらも仕事の詳細ページでクライアントから指定がある場合は指定された支払方式にチェックを行います。

④契約金額を記載する。

見積金額を入力します。募集条件に書いてある金額は目安ですが、初心者の方はまずはクライアントから指定されている金額を記入しましょう。最終的に双方の合意で発注金額は確定します。

⑤完了予定日を記入する。任意記入ですが確実に完了する納期を記載しましょう。

⑥応募有効期間を記入する。クライアントからの返答期限を記入します。こちらも任意での記入になります。

⑦メッセージを記入する。

クライアントへの簡単なご挨拶などを記載します。このメッセージの項目がクライアントにとっての重要な判断項目になりますのでしっかりと記載しましょう。

メッセージの記載のポイントは以下になります。

メッセージのポイント
次の4つのポイントを押さえて応募メッセージを作成しましょう。

【提示した契約金額について】 提示金額について、見積もり詳細を記載しておきましょう。 クライアントとの認識の齟齬がなくなります。

【自己紹介】 氏名や職種、案件に興味をもった理由などを記載しましょう。 クライアントからの信頼感につながります。

【職務経験・実績・スキル】 自身の職務経験やライティングスキル、応募する案件と似た過去実績を記載しましょう。 無い場合は、自身の得意なジャンルや違うジャンルでの経験を書くのもいいでしょう。 内容を詳細に書くことで契約率が高まります。

【案件に関する質問や対応期間】 質問や案件についての詳細なスケジュールを送りましょう。 クライアントとのその後のやりとりがスムーズになります。

⑧添付ファイルの提出。クライアントから指定があればファイル提出も行います。

⑨全て記入が完了したら「応募する」をクリックします。

こちらの画面が出れば応募は完了です。クライアントからの結果を待ちましょう。

仕事を行う

クライアントからの連絡はマイページから確認ができます。仕事の受注が決まると、ステータスが「応募・スカウト」から「契約待ち」に変わります。この状態になれば仕事の受注は完了で実際に仕事をスタートすることが可能です。

仕事の詳細ページから「契約画面へ」をクリックして確認画面に進みます。

契約内容の最終確認を行い、問題がなければ「契約する」をクリックして次に進みます。

契約を行うと次はクライアントからの「仮払い」の登録を待ちます。仮払いはクライアントからの報酬未払いを防ぐために作業開始前に一時的にクラウドワークスへ報酬の支払いを行い、作業が無事に完了したらメンバーへ報酬が支払われるシステムです。この登録が行われないと実際の業務開始を行うことはできません。

仮払いが完了すると「業務」の作業に移行します。このページまで来るとクライアントに対して納品が可能になりますのでメッセージにある業務内容の指示に従って作業を行いましょう。

作業が全て完了したら「納品する」ボタンをクリックしてクライアントへ納品報告を行います。

納品完了の旨のメッセージの記載と添付ファイルの指定があればファイルを添付します。その後「納品完了報告をする」のボタンをクリックします。

納品が完了するとクライアントの検収作業に入ります。検収が終了すると晴れて納品完了になりますので確認が終わるまで待ちましょう。

成果を確認する

検収が終了すると、トップページのお知らせアイコンから連絡がきます。該当のメッセージを確認して報酬を確認します。

報酬ページに移り、該当案件の報酬が支払われていたら無事完了になります。

クライアントを評価する

仕事が完了したらクライアントの評価を行いましょう。

仕事案件の契約ページから「評価入力」をクリックします。

評価ページでは
①仕事相手へのフィードバック評価。各項目を5段階で評価を行います。
②リピート意向の調査。また仕事をしたいかを10段階で記入します。相手には公開はされません。
③全て記入が終われば「評価を登録する」をクリックします。

評価が完了すると上記のページが表示されます。これで全ての仕事は完了です。お疲れさまでした。

以上でクラウドワークスの基本的な仕事の進め方の解説は終了です。

タスク型と異なりクライアントとのやり取りや評価など密な連携は発生しますが、仕事を重ねることで実績が皆さま自身の評価を高めていきます。クラウドワークスではプロジェクト型の仕事が中心案件になりますので、色々な仕事を行いながら実績を積み重ねて評価を高めながらコツを掴んでいきましょう。

まとめ

仕事を選ばなければクラウドワークスではたくさんの案件が存在します。始めは仕事に慣れるためにとにかく数をこなすことが大切になります。慣れてくるうちに、この仕事は作業効率が良い悪いの判別がついて来るはずです。

効率よく稼ぐポイントはとにかく「単価」を意識すること。どんなに見た目の報酬がよくても、文字単価や時給単価に換算すると実は非効率な案件も中には存在します。皆様の大切な限られた副業の時間の中では、仕事の内容を見極めながら「単価」を意識して効率よく仕事をこなすことがクラウドワークスで稼ぐポイントになります。

習うより慣れろ!まずは実践をしていきましょう。

Knowing is Seeing






コメントを残す