【仮想通貨】ビットコインって何だ?を解説します




本日は仮想通貨のビットコインについて解説を行っていきます。

現在、世界中では空前の仮想通貨ブームで日々世間のニュースで取り上げられています。仮想通貨で大きな利益を上げた「億り人」と呼ばれる人たちや、コインチェックの不正流出事件など1日1回は仮想通貨の話題を耳にしています。

「リスクはありそうだけれども、大きく儲けることができそうなものだな…」

「興味はあるけれども、実態のない通貨だし不安で手が出せない…」

多くの方がこのように考え、手を出すことを躊躇しているのは正しい知識がないからです。

でも今後、仮想通貨は世界中のスタンダードになる次世代の通貨と言われるほど将来性のあるものです。

今回は株やFXの投資未経験者でもわかるように「仮想通貨(ビットコイン)とは何だ?」をわかりやすく解説をしていきます。

※初心者の方でも正しく理解できるように様々なテーマを今後は個別の記事でご紹介していきます。

ビットコインって何?

ビットコインは仮想通貨の一つで、一言で説明すると「インターネット上にしか存在しないお金」です。

文字通り、紙幣や硬貨のように形があるわけではなく、インターネット上にデータ化されています。

簡単にお店で使えて、ドルや円などにも交換できるなど経済活動を円滑に進めるため、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られた仮想通貨です。

ビットコインには円やドルなどと違い国家が発行管理するなどの発行主体がなく、世界中の誰とでも24時間いつでも取引ができるのが大きな特徴です。

ビットコイン=仮想通貨ではない
仮想通貨にはビットコインを始め様々な種類が存在します。インターネット上にしか存在しないお金は仮想通貨であり、わかりやすく例えるとオンラインゲームなどの通貨やポイントサイトなどのポイントも仮想通貨の一つです。

ビットコイン=仮想通貨のイメージが世間的にはついていますが、仮想通貨の言葉自体は様々なものを広く捉えることができます。

ビットコインは誰が作ったの?

ビットコインの始まりは2008年に「サトシ・ナカモト」の論文の発表がスタートと言われています。

発表された論文内容に対して世界中の多くの技術者達が賛同し、通貨として使用し安全にするためにはどうしたらいいのかという仕組みを考えて創り上げられたものが「ビットコイン」です。

2009年に初めて発行されたビットコインはテストや検証を繰り返しながら、初めての取引は1万ビットコインとピザとの交換が商取引のスタートと言われています。

論文の発表者である「サトシ・ナカモト」の正体は日本人であるとされていますが、その正体は誰もわかっていません。

ビットコインの特徴は?

  • 世界中どこでも使える共通通貨

ビットコインは円やドルと違い国が管理しているものではない発行主体を持たない通貨です。ですので世界中のどこでも誰とでも世界中の共通の通貨としてインターネット上で取引ができることが大きな特徴です。

例えば海外でお金を使う場合は外貨両替が必要になります。両替を行うには時間や手数料がかかりますがビットコインは世界共通通貨として使えるのでその手間は不要。またクレジットカードなどの使用にあたっての手数料もほとんどかからずに使用ができます。

  • みんなで管理するブロックチェーンの管理システム

発行主体がないためその信頼性や安全性を保つためにビットコインではブロックチェーンという管理システムで管理を行っています。これはビットコインの全ての取引をユーザー全員で共有することができる仕組みで全員にデータを送り共有することで不正やデータの改ざんを防ぐことができるメリットがあります。ビットコインを使用してる人たち全員でチェックできることで信用ができる=安全性を保つことができるのです。

  • 発行枚数が限られている

ビットコインは無限に増やすことができないよう発行枚数をシステムで制御しています。上限の発行枚数は2,100万ビットコインで4年毎に発行量が半減されていく仕組みになっています。流通量が限られている=一定の価値を保つことが可能です。

ビットコインの発行枚数は金と同じ考え方
金は地球上の埋蔵量が決まっているため、一定の価値が守られています。流通量が限られているのがわかるので金には信用があり、価値がついています。ビットコインも同じで発案者がその価値を守るために流通量を制限する仕組みを作っていることが管理の仕組みとして画期的なものでした。

まとめ

今回はビットコインとは何かを解説していきました。価格が急上昇しており世の中では投機的な観点で見られていますが、本来のビットコインの価値はそれだけではありません。インターネットも時間をかけて世界中に普及していったように、ビットコインも今後は世界のスタンダードな通貨になると考えています。

今回の内容では「ビットコインとは何か?」を簡単に説明していきましたが、ビットコインは日本人のサトシが作った「世界中のどこでも使える共通の通貨」とまずはイメージして理解してください。

次回以降は違う視点からビットコインについて解説を行っていきます。

Knowing is Seeing






コメントを残す