【仮想通貨】国内の主要取引所まとめ




今回は実際に仮想通貨を売買できる国内の取引所を解説していきます。

記憶に新しいのがコインチェックの流失事件やLINEの参入など信頼できる取引所選びには注目が集まっています。

今回は2018年3月現在の国内の主要取引所をまとめていきます。

仮想通貨の取引所とは?

仮想通貨の取引所とは文字通り、仮想通貨の売り買いの取引ができる場所です。

この取引所に登録をしなくては実際に仮想通貨を購入することはできません。

運営会社が仲介に入ることで、売りたい人から買いたい人へとマッチングさせる仕組みです。

※株などの証券会社と同じイメージを持って下さい。

販売所との違い
仮想通貨の売買には取引所と販売所があります。
取引所は売りたい人と買いたい人をマッチングさせるのに対して、販売所は取引所から直接仮想通貨を購入します。

マッチングには時間はかからず、すぐに購入は可能ですが、その分取引所の利益が乗せられており取引所で購入する場合より割高になります。一般的には取引所で売買するユーザーがほとんどです。

取引所を選ぶポイントは?

取引所を選ぶ際には以下の項目をチェック項目として選びましょう。

セキュリティ対策は万全か

コインチェックの流出事件により、ほとんどの方が「利用するにはセキュリティが心配…」と思っているでしょう。基本的な標準セキュリティはもちろん、万が一の補償体制などの項目もチェックしておきましょう。

売買手数料が安いか

売買する仮想通貨の種類にもよりますが、1回の売買で手数料がかからないものから10%手数料として取られる場合もあります。1日に複数の売買を行う場合は、かかる手数料の金額も馬鹿にならない金額になります。出来るだけ手数料の安い取引所を選ぶこともポイントの一つです。

扱う通貨の種類は豊富か

仮想通貨はビットコインだけではありません。リップルやイーサリアムなど他の仮想通貨をどれだけ扱っているかもチェックの項目になります。ビットコインのように価値が急騰する場合もあるので扱う仮想通貨の種類は豊富か、自分の目当ての仮想通貨を取り扱っているかは確認しておきましょう。

▼国内で買える主要な仮想通貨のまとめはこちら

【仮想通貨】国内で買える仮想通貨の種類を解説

2018.02.24

使いやすいか

日々の取引は現在ではほとんどがスマホによるものです。チャートや価格のチェックなどご自身にとって見やすく使いやすいものを選んでいきましょう。

国内主要取引所のまとめ

ここでは各取引所の特徴やメリット、デメリットについて解説していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)

2014年1月に開設された日本で初めて、また国内最大手の取引所であるビットフライヤー。大手企業から出資も受けており、資本力や会員数は日本の取引所の中でトップクラスです。業界に先駆けてマスメディアを利用した新聞やTV広告など顧客の認知を広げるなど、信頼や実績など現状の取引所の中では一番です。

取り扱う通貨は?

現在ビットフライヤーで取り扱いのある通貨は全部で7種類です。1月31日よりリスクが新たに取り扱いに加わりました。

  • Bitcoin(BTC)(ビットコイン)
  • Ethereum(ETH)(イーサリアム)
  • Ethereum Classic(ETC)(イーサリアムクラシック)
  • Litecoin(LTC)(ライトコイン)
  • Bitcoin Cash(BCH)(ビットコインキャッシュ)
  • Monacoin(MONA)(モナーコイン)
  • LISK (LSK) (リスク)

特徴は?

  • 資本力の高さ

ビットフライヤーの特徴の一つはその豊富な資本力の高さです。ベンチャー企業の参入の多い仮想通貨の業界で、大手企業から多数の出資を受けているビットフライヤーの資本金は41億238万円と群を抜いています。(流出事件のあったコインチェックの資本金は9,200万)万が一、不足の事態が起きた際にも大手企業が株主にいる中で対応することは可能だと考えています。

  • 会員、取引数共に日本一

資金力の高さと並んでビットフライヤーは会員、取引数共に日本の取引所ではトップです。早くからTV広告など広く世間の認知を広げていくことで、現在の仮想通貨ブームを牽引する企業となっています。ユーザーが多く集まる中で取引数も日本で最大ですので仮想通貨を安く買う、高く売る取引がしやすい環境にあることも特徴の一つです。

  • セキュリティは世界で一番

ビットフライヤーは世界の主要取引所を抑えてセキュリティシステムは世界一の評価を受けています。これから仮想通貨を始める方にとって一番心配されているセキュリティ体制については安心して仮想通貨を売買できるシステムがビットフライヤーには整っています。

メリットは?

  • 安心、安全に使える

国内でトップの会員数、取引数の実績に加えて世界一のセキュリティシステムは初めて仮想通貨を購入する方にとっては信頼できるポイントです。

  • 補償制度もある

セキュリティシステムに加えてビットフライヤーでは大手の保険会社と契約している補償のサービスも業界に先駆けて導入しています。ユーザー数が多いことはハッカーなどから狙われやすい環境にあるとも言えますが、不正ログインなど起きた際はユーザーにしっかりと補償をしてくれる安心のサービスです。

  • 使いやすい

スマホアプリやPCの取引画面なども初心者ユーザーにとっても見やすく使いやすくなっています。画面を見ても操作に迷う要素はあまりないので投資が未経験の方にもオススメです。

その他にもビットコインが無料で貰えるサービスやアマゾンポイントとの交換など特典は様々です。

デメリットは?

  • ビットコイン以外の通貨は手数料が高い

ビットコイン以外の通貨であるイーサリアムなどのアルトコインは販売所形式でしか取り扱いがありませんので購買コストは当然高くなってしまいます。ビットコイン以外の仮想通貨を購入したい場合は他の取引所の方がコスト面で考えれば安く済みます。

  • 取り扱いの通貨の種類が少ない

現在は7種類の取り扱いですが、国内取引所では10種類以上扱っているところもありますので通貨の種類としては少ないです。取引の幅を広げていきたい方には他の取引所の方が使い勝手はよいかもしれません。

まとめ

このようにビットフライヤーはデメリット以上に安心安全に取引ができるメリットが多数です。これから仮想通貨を始める初心者の方は世界一のセキュリティ体制や補償サービスのある点は取引所を選ぶ際の大きなポイントになるでしょう。まずはビットコインから始めてみたいという方はビットフライヤーがオススメです。

どんな人がオススメ?
  • これから仮想通貨を始める初心者の方
  • セキュリティ面を心配している方
  • ビットコインを買いたい方

▼登録はこちらから

Zaif(ザイフ)

Zaifはテックビューロ株式会社が運営している仮想通貨の取引所です。あの堀江貴文氏が技術アドバイザーを務めたこともあり、日本で

 

 






コメントを残す